更年期の抜け毛

更年期で抜け毛が増える原因は?薄毛になりやすい人の特徴とは

更年期を迎えると、ホルモンバランスの乱れによって抜け毛や薄毛が気になり始めます。人によっては、急に地肌が透けるほど薄くなる場合もあるので、正しい知識を身に着けて早めにケアすることが大事です。

今回は、更年期で抜け毛が増える原因、薄毛になりやすい人が知っておきたいケア方法についてまとめました。

更年期で薄毛になりやすい人とは

更年期を迎えて薄毛になりやすい人の特徴は、ホルモンバランスの変化の影響を受けやすい人です。

女性ホルモンの分泌量が多かった人が、更年期を迎えることでホルモン分泌量が急激に低下することにより髪が細くなって地肌が透けたり、抜け毛が大量に増えやすくなります。

女性ホルモンのエストロゲンは、髪の毛を保持する役割があるため、更年期を迎えて分泌量が減ることで髪の毛にも影響が出てしまいます。

また、女性ホルモン分泌量が低下することによって、相対的に男性ホルモン量が増えることにより薄毛になる人もおられます。

男性ホルモンの影響で女性の髪が薄くなることを「FAGA(女性の男性型脱毛症)」といいます。親族に薄毛の人がいるなど、遺伝的要因が大きいことが分かっています。

いずれにせよ、更年期による薄毛はホルモンバランスの乱れによるものなのである程度は仕方のないことです(基本的には誰にでも起こること)。

ただし、しっかりとケアするかどうかで更年期を終えたときの頭髪の状況は大きく変わってしまいます。何もケアせずにそのまま薄くなり、地肌が露出する女性も少なくありません。

一方、女優さんのように歳をとってもいつまでも黒々とした髪を維持される方もおられるので、早めにケアすることが大事です。

最近では、更年期を迎える前からお肌のケアと同じように頭皮ケアを始める女性も増えてきています。一部の女優さんなどの間でも話題になっているほど。

更年期を迎えた女性のケア方法としては、「1.育毛剤を使う」「2.規則正しい生活を送ってホルモンバランスを整える」ことが必要不可欠。白髪染めやカラーなどで頭皮がさらに傷んでしまう恐れもあるので、育毛剤を使ったケアは必須といっても過言ではありません。

40代50代の抜け毛や薄毛は、放置していて勝手に治ることはほとんどありません。むしろ、酷くなってしまう恐れがあるので、早めにケアしておきましょう。

更年期の薄毛に効く育毛剤3選!低刺激で使えるのを厳選

続きを見る

更年期で抜け毛が増える原因はホルモンバランスの乱れ

更年期を迎えて抜け毛が増えたり薄毛が酷くなる原因は、髪の毛を維持する女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量が急激に低下してしまうためです。


引用元:https://www.dermed.jp/try/hair_essence/02/

エストロゲンの分泌量が下がることにより、髪の毛の生え代わり周期(ヘアサイクル)に乱れが生じます。本来ならまだまだ成長するはずの毛が、成長途中の細い毛で成長が止まってしまうために、1本1本の毛が細くなり地肌が透けて見えるようになってしまうのです。

これが更年期を迎えることで、薄くなって地肌が見えるようになってしまう原因です。
抜け毛が増えるのも同じように、エストロゲンの量が減ってしまうため、成長途中の毛が抜け落ちることによって起こってしまいます。

更年期の抜け毛は男性ホルモンの影響も

加齢による女性ホルモンの減少から、FAGA(女性男性型脱毛症)に悩まされる人も少なくありません。

FAGAとはまさに名前の通り、女性の男性型脱毛症のこと。1本1本の髪の毛が細くなることで髪全体のボリュームがなくなり、頭皮の地肌が見えるようになってしまうのが特徴です。

男性のAGA(男性型脱毛症)は生え際が後退するなど部分的な脱毛が目立つのに対し、女性のFAGAは頭部全体が薄くなるパターンが多く見られます。男性の脱毛症と異なり症状も緩やかなことが多いので、初期段階で気づきにくいのも難点です。

男性の場合は、男性ホルモンのテストステロンが酵素と結びつくことによって、ジヒドロテストステロンへ変質し、髪の毛の成長を阻害することが脱毛の原因とされています。

しかし、女性でも更年期により女性ホルモンが減少すると相対的に男性ホルモンが強く作用してしまう場合があり、その増えてしまったジヒドロテストステロンがFAGAを引き起こす要因なのではないかといわれています。

更年期の女性の薄毛と男性の薄毛の違い

先にも挙げたように、女性と男性では脱毛のパターンが異なります。

男性はおでこや生え際、頭頂部など部分的に脱毛する、いわゆる「ハゲ」の状態になりますが、女性はびまん性脱毛症という頭髪全体が均等に薄くなる症状がほとんどです。ハゲにはなりにくいですが、じわじわと見た目が老けてくるので女性にとっては辛いものです。

注意ポイント

・髪の毛のボリュームが減り、ペタンとしてきた
・髪の毛1本1本が最近細くなったと感じる
・生え際や髪の分け目、つむじが目立つようになった

このような症状が出たら要注意。びまん性脱毛症予備軍の可能性があります。これらの原因もやはり更年期による女性ホルモンの減少、ストレス、生活習慣の乱れや間違ったヘアケアなどの影響が強いです。

びまん性脱毛症はわたしたちの生活に密接に関わっている、誰にでも発症する可能性のある脱毛症の一つなのです。

まとめ

更年期に抜け毛が増えてしまうのは、生理現象なためある程度は受け入れなければいけません。

しかし、抜け毛や薄毛をできるだけ予防、防止することは可能です。まずは普段の生活を見直し、規則正しい生活習慣を心がけましょう。

それに加えて頭皮のケア、育毛剤やサプリメントの摂取、専門医への相談など、自分の薄毛の症状に合わせて適切な働きかけをおこなえば、十分抜け毛や薄毛を予防できます。まずは自分ができることから始めてみましょう。

関連記事


更年期の抜け毛が酷い!止まらない場合のケア術を解説

続きを見る

-更年期の抜け毛

Copyright© 艶髪-TUYAKAMI- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.