産後の抜け毛

産後の抜け毛が予想以上にひどい!ママさん達が取り組んだケア方法とは

更新日:

産後の抜け毛がひどい!ママさんたちの口コミ

※ここは空欄(このまま)で置いておいてください。

産後の抜け毛が酷いのはどうすればいい?

朝起きてみると枕の上に大量の髪の毛。シャワーを浴びると髪の毛がたくさん抜けていく。
このような状態が続くと不安になってしまいますよね。

産後の抜け毛は産後3か月目あたりから始まり、1年から1年半ほどで落ち着く場合が多いです。

しかし、人によってはそのまま薄毛が進行していしまう人もいるため、最近では産後の抜け毛のケアをする人が多くなってきています。

産後の抜け毛の原因は、妊娠中に増加した女性ホルモンが出産によって急激に減少することによって起こります。

妊娠中は女性ホルモンの増加によって髪が抜けにくくなり、この間に抜けるはずだった髪の毛が、出産後に妊娠前の量まで減少したホルモンの影響を受けて抜け落ちていくのです。

抜け毛の原因が妊娠、出産によるホルモンバランスによるものだけであれば、自然に落ち着く場合がほとんどです。

産後の抜け毛の原因はホルモンバランスの乱れ!ケアする方法を解説

続きを見る

しかし、ホルモンバランスの乱れが妊娠や出産だけでなく、ストレスや食生活などによって引き起こされてしまう人もいます。

この場合、抜け毛が自然に治ることはほとんどありません。ストレスの解消や食事の見直しといった根本的な解決が必要になってきます。

こういった場合の産後の抜け毛のケアとしては、食事の見直し、ストレス発散、無理なダイエットを辞める、十分な睡眠を摂ることが大切です。
髪の毛が健康に育ちやすい土壌を作った上で、育毛剤によるケアを行うと、さらに効果的です。

それぞれのケアの方法を詳しくご紹介します。

食事の見直し

栄養バランスが崩れるとホルモンバランスも崩れてしまい、抜け毛の原因となることがあります。
忙しくても、栄養バランスのとれた食事を摂るよう心がけましょう。

特に髪の毛を作る元となる、葉酸やタンパク質が多く含まれる食材は、積極的に摂取するようにしましょう。
葉酸が多く含まれる食材にはレバーや海藻、タンパク質が多く含まれる食材には牛肉や豚肉などがあります。

産後の抜け毛に良い食べ物は?おすすめ栄養素と食材まとめ

続きを見る

ストレス発散

ストレスが溜まるとホルモンの分泌量が減り、抜け毛の原因となってしまう場合があります。
ストレスを溜め過ぎないよう心がけることが大切です。

赤ちゃんに音楽を聴かせると、赤ちゃんの感性を高めることができるとも言われています。
赤ちゃんにもお母さんにも良い影響を与えることができます。リラクゼーション効果のある音楽を聴いたりすることなども効果的です。

無理なダイエットを辞める

無理なダイエットもホルモンバランスの乱れに繋がります。

お腹の皮がのびてしまったり、赤ちゃんが生まれたはずなのに体重が変わらないなど気になってしまうかもしれませんが、過度なダイエットは控えるようにしましょう。
まずは出産と育児で疲れている心身を休ませることが大切です。

十分な睡眠をとる

睡眠不足も卵巣の機能を低下させ、ホルモンバランスの乱れの原因となります。

家事に、育児にとなかなか睡眠を摂ることも難しいかもしれませんが、赤ちゃんのお昼寝中に少しでも一緒に横になってみるなど心がけてみてください。

産後の抜け毛に一番効果的なのは育毛剤

生活習慣の見直しに取り組むことで、ストレス解消・ホルモンバランスを整える役割がありますが、それだけでは効果を実感しにくいです。

そこで使っておきたいのが、産後の抜け毛ケアとして効果が認められている女性用育毛剤です。

女性用育毛剤には、抜け毛の予防や薄毛に効くことが厚生労働省から認められています。

産後の抜け毛対策として使える育毛剤も増えてきているので、生活習慣の見直しと同時に使うことで、1日でも早く抜け毛が落ち着くことが期待できますよ。

産後抜け毛育毛剤のおすすめは?効くと話題の育毛剤5選

続きを見る

まとめ

産後の抜け毛が酷くなるのは生理現象のため避けられません。

しかし、仕方がないからと放っておくと、そのまま薄毛が進行してしまう場合もあります。
しっかりとケアするかどうかが、今後、抜け毛がひどくなってしまうか、元気な髪が生えてくるかの分かれ目になる可能性があるので、早めにケアをしておく方が安心です。

関連記事

授乳中でも育毛剤は使える?危険な成分と低刺激の成分

続きを見る

産後の抜け毛はいつから?いつまで続く?ピークは?

続きを見る

-産後の抜け毛

Copyright© 艶髪-TUYAKAMI- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.